線条体(読み)センジョウタイ

大辞林 第三版の解説

せんじょうたい【線条体】

大脳白質の深部にあり、尾状核とレンズ核とからなる。錐体外路系の中枢の一つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の線条体の言及

【運動】より

…大脳基底核は尾状核,被殻,淡蒼球からなる核群で,大脳皮質と密接に連絡し,大脳皮質によって開始された運動のための姿勢調節に重要な役割を果たす。尾状核と被殻を合わせて線条体という。また黒質,視床下核などの核を基底核に関連する核として扱うことがある。…

【大脳基底核】より

…本項ではこの用法に沿って解説したい。 尾状核,被殻,淡蒼球のうち,尾状核と被殻は個体発生的,組織学的,機能的に線条体corpus striatumとして淡蒼球globus pallidumに対置される。すなわち,線条体が大脳半球由来であるのに対し,淡蒼球は視床下核とともに間脳由来である。…

※「線条体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

線条体の関連情報