コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線路標 せんろひょう

百科事典マイペディアの解説

線路標【せんろひょう】

列車運転および線路保守の指標として鉄道線路上に設ける標識。起点からの距離を示す距離標,線路の曲線半径,カント(外側のレールを内側より高くする),スラック(曲がりやすいように軌間をわずかに広げる)などを示す曲線標,勾配(こうばい)率を示す勾配標,踏切警標,速度制限標など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android