コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練修 レンシュウ

デジタル大辞泉の解説

れん‐しゅう〔‐シウ〕【練修】

[名](スル)学問・技術などを繰り返し学ぶこと。
「笑う術を何処かで―して来たように旨く笑った」〈漱石行人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんしゅう【練修】

( 名 ) スル
学問や技芸などをねりおさめること。修練。 「乱暴狼藉の-に余念なく/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

練修の関連キーワード吾輩は猫である予備自衛官羽藤 栄市技芸柔道

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android