修練(読み)しゅれん

精選版 日本国語大辞典 「修練」の意味・読み・例文・類語

しゅ‐れん【修練】

源平盛衰記(14C前)二四「遊士修練(シュレン)し給し芳躅(はうじょく)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「修練」の意味・読み・例文・類語

しゅう‐れん〔シウ‐〕【修練/修錬】

[名](スル)人格学問技芸などが向上するように、心身を厳しく鍛えること。「―が足りない」「―を積む」「武道を―する」
[類語]鍛練勉強学習勉学研鑽けんさん勤学研修研学修学修業しゅぎょう・しゅうぎょう習練稽古けいこ学業復習学問学ぶ練習らし下稽古したげいこ訓練特訓温習おさらい演習トレーニングエクササイズゼミナールフィールドワークレッスンゲネプロ寒稽古通し稽古舞台稽古立ち稽古稽古事練磨練成教練試練

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「修練」の読み・字形・画数・意味

【修練】しゆうれん

練習して熟達する。

字通「修」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android