縞縮緬(読み)シマチリメン

大辞林 第三版の解説

しまちりめん【縞縮緬】

〔山繭糸は、よく染まらず、縞ができるところから〕 山繭糸を縞に入れて織り、あとから染めた縮緬。
〔古く、縮緬の柄は縞であったことから〕 縞の御召おめし縮緬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる