コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御召(し) オメシ

4件 の用語解説(御召(し)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お‐めし【御召(し)】

呼び寄せること、乗ること、着ることなどの意の尊敬語。「お召しにあずかる」「上着をお召しですか」
お召し物。
「早く―をお脱ぎ遊ばしませ」〈木下尚江良人の自白
御召縮緬(ちりめん)」の略。
[アクセント]1はオメシ23はオシ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

御召【おめし】

御召縮緬(ちりめん)の略。御召料の意で,西陣で作られた縞縮緬を徳川11代将軍家斉が召したことから名づけられた。絹のほか毛,化繊,合繊もある。あらかじめ精練染色した糸で織るが,緯(よこ)糸に御召緯と称する糊(のり)をつけた強撚(きょうねん)糸を用い,表面にしぼを出す。
→関連項目絹織物ちりめん(縮緬)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本文化いろは事典の解説

御召

[女性用] 御召は御召縮緬〔おめしちりめん〕という生地で仕立てられた着物の総称で、全体に波をうったような細かい皺(シボ)があることが特徴です。織りの着物の中では最も高級な、正絹(シルク)の着物です。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おめし【御召】

御召ちりめんの略称。絹織物の一種で,着尺,羽尺,コート地などの和装に用いる。徳川11代将軍家斉が,従来高貴の人々が着用した縞ちりめんを改良し,粋な創作柄を作らせ,御止縞(おとめじま)として他人の使用を禁じてつねに着用したことから,御召の名があるといわれる。ふつうのちりめんは経緯糸ともに生糸の強撚糸(きようねんし)を使い,織り上げた後に精練して生糸のもつ膠(にかわ)質のセリシンを落とし,〈シボ〉と呼ぶ縮みじわを表面にあらわしたいわゆる練絹の白生地であるのに対し,御召は糸精練の先練,先染した絹糸を用い御召緯(よこ)と称する糊入れの強撚糸の右撚(みぎより),左撚を交互に織り込み温湯に浸し,シボ取り湯のし整理によって仕上げる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御召(し)の関連キーワード金紗御召縮緬壁御召生織物新御召平御召綿御召縮緬紋御召本御召一越

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone