縞鰹(読み)しまがつお

大辞林 第三版の解説

しまがつお【縞鰹】

スズキ目の海魚。全長約60センチメートルに達する。体は楕円形で、著しく側扁する。頭部は丸みをもち、目と胸びれが大きい。全体に銀白色であるが、死後すぐに黒ずむ。相模湾周辺では釣りの対象魚。食用。深海性で大洋に広く分布。エチオピア。テツビン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

縞鰹 (シマガツオ)

学名:Brama japonica
動物。シマガツオ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android