コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜寒帯 アカンタイ

デジタル大辞泉の解説

あ‐かんたい【亜寒帯】

冷帯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

亜寒帯【あかんたい】

緯度で大体50°〜70°のツンドラの出現する極圏付近までの気候帯。冷帯とも。樹木,作物の育つ気温10℃以上の月が4ヵ月以下。針葉樹原生林が代表的景観。北半球ではロシア,カナダなどを含み冬はきわめて寒冷で,気温の年変化の大きい大陸性の冷帯気候が支配する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかんたい【亜寒帯 subpolar zone】

温帯と寒帯の中間域を指し,北半球高緯度地方の針葉樹林(タイガ)帯とほぼ同義でもある。南半球では対応する場所に陸地がない。ケッペンの気候分類では最寒月の平均気温が-3℃以下で,最暖月平均気温が10℃以上と定義されている。冬は長く,夏は短いが,気温が相当上がり,降水量は少ないが,蒸発量も少ないので植物は生育できる。気温の年較差が大きいのが特徴。なお,亜寒帯と冷帯,冷温帯同義語として扱う人もいるが,温帯(広義)の高緯度地方を冷帯,冷温帯ということが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あかんたい【亜寒帯】

気候帯の一。温帯と寒帯との中間の地帯。極側は寒帯に、赤道側は温帯に接する。冷帯。 → 温帯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜寒帯
あかんたい

冷帯」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜寒帯
あかんたい

温帯と寒帯の中間域をさし、気温によって区分した場合の気候帯の一つ。冷帯ともいい、冷温帯も同じと考えてよい。極側はツンドラと接し、赤道側は温帯に漸移する地域をさす。ケッペンの気候区分では、最寒月の平均気温が零下3℃未満、最暖月の平均気温が10℃以上で、ほぼ北緯40度以北の東部ヨーロッパ、シベリア南部から中国東北部、華北、北海道、北アメリカのプレーリー北部、五大湖地方など北極圏以南の地域に相当する。南半球では対応する場所が大部分海洋のため存在しない。狭義には北半球の高緯度地方の針葉樹林帯(タイガ)と同義語として使われることもあるが、その場合は南部の落葉広葉樹林帯を冷温帯とよんで、区別する。冬は長く、寒さも非常に厳しく、南極大陸以外ではもっとも寒冷な地域で、北半球の寒極(気候的な北極で、シベリア北東部)が存在する。河川の凍結期間や積雪期間は数か月に達する。しかし夏は短いながらも気温がかなり上昇し、生育期間の短い作物がかなり高緯度まで栽培されている。春と秋はきわめて短い。タイガ地帯にはクロテン、キツネなどの毛皮獣が多く、これらの狩猟から開発が始まったが、近年は木材、パルプ材としての大規模な開発が行われ、スカンジナビア諸国やカナダはパルプや紙の世界的供給地である。タイガ地帯の南には雨の少ない地方があり、世界の穀倉といわれる春小麦地帯の一部を形成している。[山下脩二]

植物

日本では垂直分布の亜高山帯に相当し、北方針葉林(針葉樹林)の発達する北海道中部以北の地域とされることが多いが、本来は、寒帯周辺に位置し、高木林の限界と寒帯(ツンドラ)との間にある植生帯をさす。矮性(わいせい)のカンバ類、矮性のヤナギ類、クロマメノキ類などの低木群落が主体である。ユーラシア大陸ではラップランドからシベリアにかけて、北アメリカ大陸ではアラスカからカナダにかけて広がる。したがって、北方針葉樹林帯は、冷帯とよぶのが適当であろう。[大場達之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

亜寒帯の関連キーワードアリューシャン海流ライチョウ(雷鳥)亜寒帯冬季少雨気候ミジンウキマイマイミヤマモジズリメボソムシクイ亜寒帯多雨気候ツルフジバカマ亜寒帯夏雨気候アラスカ海流ツマトリソウアラスカ循環ハシビロガモ亜寒帯収束線冷帯夏雨気候冷帯多雨気候ヒドリガモコミミズクルリビタキ亜寒帯気候

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android