白身(読み)シロミ

デジタル大辞泉 「白身」の意味・読み・例文・類語

しろ‐み【白身】

肉、特に魚肉の白い部分。また、タイヒラメなど、肉の白い魚。「白身の魚」⇔赤身
卵の中身の、黄身きみを包む透明な部分。卵白
材木の、色の白い部分。しらた。
[類語]鶏卵卵白黄身卵黄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「白身」の意味・読み・例文・類語

しろ‐み【白身】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 白い部分。
    1. [初出の実例]「又、藤もむらさきにはさきながら、しろみのおほくみゆれば」(出典:仙覚抄(1269)一五)
  3. ( 「白味」とも書く ) 卵の中の白い部分。卵白(らんぱく)
    1. [初出の実例]「伊勢豆腐は〈略〉たうふに玉子のしろみをくはへする」(出典:料理物語(1643)一二)
  4. 動物の肉の白い部分。特に、魚で肉の白いもの。⇔赤身
    1. [初出の実例]「魚は、白身が好きで、赤身が嫌い」(出典:朝の悲しみ(1969)〈清岡卓行〉四)
  5. 木材の白い部分。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「白身」の読み・字形・画数・意味

【白身】はくしん

平民

字通「白」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版 「白身」の解説

白身 (ビャクシン)

植物ヒノキ科の常緑針葉高木。イブキ別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android