白身(読み)しろみ

精選版 日本国語大辞典「白身」の解説

しろ‐み【白身】

〘名〙
① 白い部分。
※仙覚抄(1269)一五「又、藤もむらさきにはさきながら、しろみのおほくみゆれば」
② (「白味」とも書く) 卵の中の白い部分。卵白(らんぱく)
※料理物語(1643)一二「伊勢豆腐は〈略〉たうふに玉子のしろみをくはへする」
③ 動物の肉の白い部分。特に、魚で肉の白いもの。⇔赤身
※朝の悲しみ(1969)〈清岡卓行〉四「は、白身が好きで、赤身が嫌い」
木材の白い部分。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「白身」の解説

白身 (ビャクシン)

植物。ヒノキ科の常緑針葉高木。イブキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「白身」の解説

しろ‐み【白身】

肉、特に魚肉の白い部分。また、タイ・ヒラメなど、肉の白い魚。「白身の魚」⇔赤身
卵の中身の、黄身(きみ)を包む透明な部分。卵白。
材木の、色の白い部分。しらた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android