コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縮景 しゅくけい

2件 の用語解説(縮景の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しゅくけい【縮景】

自然の風景(多くは名所や四季絵)を模して庭園内に作られた風景。平安時代から江戸時代にいたるまで多用された技法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

縮景【しゅっけい】

庭園内に琵琶湖,松島等の名勝の風景を移したもの。全景を縮小するよりは1本の松などで見る者の連想に訴えるものも多く,日本庭園はほとんどなんらかの意で縮景であるともいわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

縮景の関連キーワード回遊式庭園琵琶湖国定公園潮ならぬ海探勝盤桓東松島守山滋賀セニックプリント

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

縮景の関連情報