コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水前寺成趣園 すいぜんじじょうじゅえん

4件 の用語解説(水前寺成趣園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水前寺成趣園
すいぜんじじょうじゅえん

熊本県中部,熊本市中央区にある公園。寛永9(1632)年細川忠利の肥後入国後,僧玄宅が禅寺水前寺を建立。寺をのちに移転しその跡に忠利が別荘を建て,その庭を陶淵明の『帰去来辞』にちなみ成趣園と呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

水前寺成趣園【すいぜんじじょうじゅえん】

熊本県熊本市水前寺公園にある庭園(史跡・名勝)。水前寺公園とも。1632年細川忠利が水前寺を建立,のち寺を移して庭園とした。東海道五十三次を模した池泉回遊式庭園で,〈古今伝授の間〉という茶室,出水神社がある。
→関連項目熊本[市]縮景

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

国指定史跡ガイドの解説

すいぜんじじょうじゅえん【水前寺成趣園】


熊本県熊本市水前寺公園にある庭園。熊本市の東部、託麻原(たくまばる)台地の西端に位置し、阿蘇山からの伏流水が出る湧水地帯に所在する。江戸時代前期の代表的な回遊式庭園で、1929年(昭和4)に国の名勝および史跡に指定された。この庭園は熊本藩の初代藩主細川忠利(ただとし)が1636年(寛永13)ごろから築いた「水前寺御茶屋」が始まりで、細川綱利(つなとし)のときに泉水・築山などが造られて現在の形となった。陶淵明の詩『帰去来辞』の一節「園日渉以成趣」から「成趣園」と命名された。明治の版籍奉還によって官有となり、中心となる御茶屋「酔月亭(すいげつてい)」は1877年(明治10)の西南戦争で焼失し、泉水・築山なども荒廃。これを憂慮した有志が払い下げを要望し、1878年(明治11)に細川藩主を祀る出水(いずみ)神社が園内に創建され、庭園は出水神社の境内地として払い下げられた。JR鹿児島本線ほか熊本駅から熊本市電「水前寺公園」下車、徒歩約3分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水前寺成趣園
すいぜんじじょうじゅえん

熊本市中央区水前寺公園にある江戸初期の池泉回遊式庭園。肥後(ひご)藩主細川忠利(ただとし)は1632年(寛永9)熊本に入国したが、まもなく豊前(ぶぜん)(大分県)耶馬渓(やばけい)の羅漢寺(らかんじ)の僧玄宅和尚(げんたくおしょう)を開山として、水前寺をこの地に創建した。その後、寺院を他に移建し、その跡を忠利の別邸としてお茶屋を設け、1637、1638年ごろから築庭に着手した。作者は細川家の茶道役であった菅野甚斎を中心にした二、三の人で、完成は正保(しょうほう)から慶安(けいあん)にかけて(1644~1652)と思われる。その後、1670年(寛文10)細川綱利(つなとし)により手が加えられて今日の規模となり、陶淵明(とうえんめい)の詩からとって成趣園と名づけられた。面積約1万8265坪(約6万0275平方メートル)、池泉のみで約3600坪(約1万1880平方メートル)ある。池泉から清水が湧(わ)き、東部に富士形の大築山(つきやま)が連なり、池泉には三島を設ける。明治になって一般にも開放され、1912年(大正1)には、細川幽斎(ゆうさい)ゆかりの古今伝授(こきんでんじゅ)の間が京都から移築復原された。1925年(大正14)から水前寺公園の名で市民に親しまれ、国の指定名勝および史跡になっている。[重森完途]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水前寺成趣園の関連情報