コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縹帽子 ハナダボウシ

大辞林 第三版の解説

はなだもうす【縹帽子】

天台・真言二宗の高僧が法会の際にかぶった頭巾。のち、垂れを長くして、両肩にかける形のものとなり、一般の僧も用いるようになった。諸公帽子しこもす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の縹帽子の言及

【帽子】より

…また管長その他の高位の僧が頭上からかぶる宗派もある。縹帽子(はなだぼうし)という別称があり,能装束の花帽子(はなのぼうし)という名はこれから出たというが,実際に縹色(青色)の帽子を用いることがあるのは,真言系諸宗だけである。宗派により襟巻,裹頭(かとう),領帽(りようぼう),護襟(ごきん)などと称されることもある。…

※「縹帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

縹帽子の関連キーワード頭巾天台法会

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android