コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縹色 はなだいろ

色名がわかる辞典の解説

はなだいろ【縹色】

色名の一つ。花田色とも書き、花色ともいう。JISの色彩規格では「つよい」としている。一般に、タデ科アイだけを用いた染色の色で、ややくすんだ青のこと。純粋なあいの色。藍色はアイとミカン科キハダの樹皮を合わせた色をさす。『延喜式えんぎしき』では深こき縹、中なかの縹、次つぎの縹、浅うすき縹の4種類にわけており、紺色が深縹に相当し、中縹が「つよい青」の縹色とされる。また、藍染めは中国から伝わったもので、古来から行われていた青の染色はツユクサ科ツユクサによるものとの説がある。色の別名「花田色」の「花」はツユクサの花の意味とされる。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縹色
はなだいろ

色名の一つ。花田色とも書かれる。いわゆる藍(あい)色で、露草の花の色から名づけられたとされる。『延喜式(えんぎしき)』によると、縹色は藍で染めるとしている。古代に位を示す服色の当色(とうじき)として、持統(じとう)天皇の4年(690)に追位の朝服を深(ふか)縹、進位を浅(あさ)縹と定め、養老(ようろう)の衣服令(りょう)で八位を深縹、初位(しょい)を浅縹としている。しかし平安時代後期になると、七位以下はほとんど叙せられることがなく、名目のみになったため、六位以下の地下(じげ)といわれる下級官人は、みな緑を用いた。そこで縹は当色から外されたが、12世紀より緑袍(りょくほう)と称しても縹色のものを着ている。また、縹は当色ではなくなったため、日常も用いられる色となった。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

縹色の関連キーワード浅縹の袍押下ろす縹帽子緑の衣帽子水色束帯浅葱位袍縹威円縹浅縹薄縹二藍縹縅

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縹色の関連情報