縹渺・縹緲・瞟眇(読み)ひょうびょう

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょう‐びょう ヘウベウ【縹渺・縹緲・瞟眇】

〘形動タリ〙 ほんのりかすかであるさま。遠くかすかではっきりしないさま。
※凌雲集(814)九月九日侍宴神泉苑各賦一物得秋山〈菅原清公〉「三山漂眇滄瀛外、五嶽嵯峨赤県中」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉三「余韻が縹緲と存するから含蓄の趣を百世の後に伝ふるのであらう」 〔杜甫‐白帝城最高楼詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android