コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繊維リソースセンター事業 せんいリソースセンターじぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繊維リソースセンター事業
せんいリソースセンターじぎょう

繊維産業の活性のために全国の主要産地に設立される情報センターを中心とする公的支援事業。円高と新興工業経済地域 NIESの急成長によって日本の繊維産業国際競争力が低下している現状を背景に,1988年に通産省が打ち出した。素材,二次製品,需要動向,技術などの内外情報を収集し,繊維業者やデザイナーに提供することを事業内容とし,人材育成施設,イベント開催のためのコンベンションスペースを備える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android