コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繊維素 せんいそ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繊維素
せんいそ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

繊維素【せんいそ】

セルロース

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

繊維素
せんいそ

硬タンパク質の一種であるフィブリンのことをいうが、グルコースがβ‐1・4‐グルコシド結合した多糖類で(C6H10O5)nで示されるセルロースのこともさす。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の繊維素の言及

【セルロース】より

…繊維素ともいう。セルロースは自然界で最大量の有機化合物であり,おそらく世界中の全植物質の1/3を占めるだろう。…

【フィブリン】より

…硬タンパク質の一種で,血液凝固の際に弾力性のある繊維状重合体となり,血球にからみつき血餅を生じさせる。繊維素とも呼ばれ,そのアミノ酸配列は決定されている。フィブリノーゲンにタンパク質分解酵素トロンビンが作用してフィブリノペプチドAおよびBが遊離され,フィブリンが生じる。…

※「繊維素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

繊維素の関連キーワードアセチルブチルセルロース繊維素溶解(線維素溶解)エンドレスファイバードライクリーニング酢酸酪酸セルロースアルカリセルロースアセチルセルロースアムフィサプロペルフィブリノーゲンニトロセルロース酢酸セルロース硝酸セルロースヘミセルロース低延焼性たばこ友成 九十九亜硫酸パルプクループ性炎エルゴスター合成高分子スコーロン

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

繊維素の関連情報