織田作之助賞

デジタル大辞泉プラスの解説

織田作之助賞

日本の文学賞のひとつ。大阪文学振興会、関西大学、毎日新聞社が共同で主催する。1983年、大阪生まれの作家、織田作之助の生誕70年を記念し、公募新人賞として創設。2006年に「織田作之助青春賞」を新設して新人賞機能を移し、本賞では新鋭気鋭の作家による単行本を扱うようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

知恵蔵miniの解説

織田作之助賞

日本の文学賞。大阪出身で小説家や評論家として活躍した織田作之助の生誕70年を記念し、1983年に創設された。大阪市、大阪文学振興会、毎日新聞社、関西大学、人材派遣業のパソナグループが共同で主催している。2006年に新人賞にあたる「織田作之助青春賞」、14年に中学・高校生を対象とした「織田作之助U―18賞」が新設され、本賞では既刊の単行本を取り扱うようになった。

(2019-3-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

織田作之助賞の関連情報