繫[温泉](読み)つなぎ

世界大百科事典 第2版の解説

つなぎ【繫[温泉]】

岩手県盛岡市の西端,雫石(しずくいし)川上流にある温泉。泉質は単純硫化水素泉,泉温20~65℃。近くに北上特定地域総合開発計画に基づいてつくられた御所ダムがあり,水をたたえた御所湖と温泉を中心に広域公園として整備され,盛岡市郊外の保養・行楽地となっている。前九年の役の際に源頼義・義家父子が発見したと伝えられる。近くに鶯宿(おうしゆく)温泉網張(あみはり)温泉小岩井農場などがある。【川本 忠平】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android