コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小岩井農場 こいわいのうじょう

6件 の用語解説(小岩井農場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小岩井農場
こいわいのうじょう

岩手県中西部,岩手山南麓にある,雫石町滝沢市にまたがる大農場式牧場。面積約 30km2。1891年日本鉄道会社副社長の小野義真,三菱会社社長の岩崎弥之助,鉄道庁長官の井上勝らの合弁で,丸谷地と呼ばれた原野の開拓が行なわれ,1899年岩崎久弥が継承。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こいわい‐のうじょう〔こいはゐノウヂヤウ〕【小岩井農場】

岩手県中西部、岩手山南麓の大農場。明治24年(1891)開設。開設者の小野義真岩崎弥之助・井上勝らにちなんだ名称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小岩井農場【こいわいのうじょう】

岩手県岩手郡雫石町,岩手山南麓にある面積約26km2の日本最大の民間農場。日本鉄道会社の東北線開通時に同副社長小野義真,三菱の岩崎弥之助,鉄道庁長官井上勝が原野を開拓し大農式の牧場を経営,3者の名をとり命名した。
→関連項目滝沢[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こいわいのうじょう【小岩井農場】

岩手県中西部,岩手郡雫石町にあり,岩手山麓にひろがる26km2に及ぶ日本最大の民間牧場。この土地一帯は旧藩時代から近傍数ヵ村の入会地で,採草,放牧の草地であった。西洋的な大農場開発の波が日本鉄道の伸長とともに北上,この農場は1891年鉄道長官の井上勝,日本鉄道会社の小野義真,三菱の岩崎弥之助による協同事業として創始された。名の〈小岩井〉も3者の頭文字をとったものである。98年に所有,経営は三菱のものとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こいわいのうじょう【小岩井農場】

岩手県、岩手山南麓にある農場。1891年(明治24)、小野義真・岩崎弥之助・井上勝らによって設立。民間農場としては日本最大。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小岩井農場
こいわいのうじょう

岩手県中西部、岩手郡雫石(しずくいし)町と滝沢市にまたがる農場。岩手山南麓(なんろく)に広がり、面積2600ヘクタール、民間農場としては日本最大である。1891年(明治24)日本鉄道会社の小野義真、三菱(みつびし)財閥の岩崎弥太郎(やたろう)、鉄道庁長官井上勝(まさる)らによって大農場式牧場として創始され、三者の頭文字をとって小岩井と名づけられた。1950年(昭和25)までは競走馬の産地として知られたが、以後は乳牛、肉牛、メンヨウ、シチメンチョウなどの飼育に重点が置かれ、とくにホルスタインの種牛生産や採卵鶏として優秀なシエーバー種の孵卵(ふらん)事業で知られる。牧歌的風景を背景に花壇、レストハウス、ジンギスカン料理などの諸施設をもった小岩井農場まきば園があり、盛岡市郊外の行楽地として訪れる人々が多い。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小岩井農場の言及

【勧農】より

…政府直営の勧農事業がめざす洋式農法の日本への移植も,稲作を中心とする小農経営中心の日本農業の体質を変えることはできず,1880年代後半以降,寄生地主制の進展とその拡大により勧農政策は後退し,また大農法も日本農業に浸透しなかった。80年代後半に井上馨やドイツ人マイエット,フェスカら少数の人たちが大農論を提唱したがそれも根づかず,大農法は,たとえば政商三菱の直営農場として発足した小岩井農場(1891設立)などの例外を除いて,成功しなかった。【石塚 裕道】
【中国】
 中国では農業社会の確立に伴って神農・后稷(こうしよく)などの農業神話を生んだ。…

※「小岩井農場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小岩井農場の関連情報