繭糸・繭絲(読み)けんし

精選版 日本国語大辞典「繭糸・繭絲」の解説

けん‐し【繭糸・繭絲】

〘名〙
と糸。また、繭からとった糸。きぬいと。繭繊糸。
明衡往来(11C中か)上本「以此繭糸之贈、可蝉翼之衣
② (繭から糸をとり出すように)きびしく租税などを取り立てること。〔国語‐晉語九〕
③ (繭から糸をとり出すように)次々に湧き起こること。
※詩聖堂詩集‐三編(1838)四・賦淂酒無独飲理「秋雨不歎、詩思繭抽」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android