繰網(読み)くりあみ

精選版 日本国語大辞典「繰網」の解説

くり‐あみ【繰網】

〘名〙 魚網の一種。地引網に似て袋状になっており、左右に翼網(よくあみ)を備え、その末端に引き綱を取り付けたもの。イワシサンマなどの捕獲に用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「繰網」の解説

くり‐あみ【繰(り)網】

左右に翼網を備えた袋状の魚網で、末端に引き綱を取り付けたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の繰網の言及

【網漁業】より

…漁網といっても多種類にわたるので,いくつかに分類し,それにそって網漁業を概観していこう。農商務省が1886年に編纂に着手し10年を経て完成した《日本水産捕採誌》の漁網分類をみると,引(曳)網,繰網,巻(旋)網,敷網,刺網,建網,掩(かぶせ)網,抄(すくい)網の8類であり,これがその後の漁網分類の原型となっているので,ここでもこの分類による。
[引網]
 引網類は魚群を囲み岸辺や漁船に引き寄せてそれを捕獲する網で,だいたいは中央部に囊(ふくろ)を備えていた。…

※「繰網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android