コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繰返し反射干渉法(読み)くりかえしはんしゃかんしょうほう(英語表記)multiple reflection interferometry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繰返し反射干渉法
くりかえしはんしゃかんしょうほう
multiple reflection interferometry

反射率の大きい2平面での干渉を使って,鮮明な干渉縞を得る方法。平行平面板の両面に反射膜をつけたものに光を入射する。その反射光,透過光の強さを考えるのには,内面で多数回繰返して反射された光の間の干渉を考慮にいれなければならない。両面の反射率が大きいほど多数の光線が干渉するようになり,できる干渉縞は鮮明になる。ファブリ=ペローの干渉計干渉フィルタはこの応用例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android