繻珍・朱珍(読み)しゅちん

大辞林 第三版の解説

しゅちん【繻珍・朱珍】

〔中国語「七糸鍛」から〕
繻子しゆす織りの一種。地糸のほかに種々の色糸を用いて模様が浮き出るように織った織物。多く女帯に用いる。シチン。シッチン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シュチン【繻珍・朱珍】

〘名〙 (中国語「七糸緞」からともいう) 繻子(しゅす)地に絵緯(えぬき)で紋様を浮織りした布地。色糸を使い総地とする。主に帯地とし、袋物・袈裟(けさ)・表装などに使う。繻珍織。シチン。シッチン。
※梅津政景日記‐元和五年(1619)三月一七日「しゅちんか段子之道服」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android