コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道服 ドウブク

4件 の用語解説(道服の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どう‐ぶく〔ダウ‐〕【道服】

《「どうふく」とも》
道士の着る服。道衣。
公卿大納言以上の人が家庭で内々に着た上衣。袖が広く腰から下にひだがあり、着物の上に羽織る。のち、道中着となり、さらに変化して今の羽織となった。
袈裟(けさ)のこと。真宗で、直綴(じきとつ)のこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうふく【道服】

道衣ともいい,本来,中国の道教の道士が着る衣服であった。袖幅が広く和服のように衿を交互に重ねあわせ帯で結んだ。麻布または葛布で作られ,その色は白を最上とし,衿,袖口,裾に黒い縁どりをつけた。茶褐色や紫の道服もあったが,明代の道服は青と定められた。形は深衣(しんい)式に作られたゆるやかな袍服(ほうふく)で,南朝の士大夫の間でも流行し,宋・元・明の文人墨客にも親しまれた衣服であった。道服はまた僧衣の別名とされたこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どうふく【道服】

〔「どうぶく」とも〕
道士の着る衣服。
室町時代頃から公卿・大納言以上の人が内々で着た上着。腰から下にひだがつく。庶民で道中着とする者もあった。
袈裟けさ。僧衣。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道服
どうふく

胴服とも書く。室町時代から江戸時代初期にかけて、上流武士の間で羽織のように羽織って着用されたもの。また『七十一番職人尽(づくし)』には草履(ぞうり)売りが、羽織的な形態の道服を着ているし、実物としては上杉謙信(けんしん)着用のものが現存するが、形は小袖(こそで)仕立てで裏の衽(おくみ)のところに乳(ち)がついているので、今日の羽織のように衿(えり)を表側に折って着用するものではなかった。
 のち道服は装飾化され、戦国武将の間では、これを陣中で羽織った華麗なものを陣胴服あるいは陣羽織とよぶようになり、衿も今日のようにしだいに外折りとなった。道服は羽織が一般化するにつれて、その名称も形態も変わった。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道服の関連情報