コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

缶切り カンきり

4件 の用語解説(缶切りの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

カンきり【缶切り】

缶詰めを切って開ける道具。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

かんきり【缶切り】

缶詰のふたを切り開く道具。刃を突き刺して上下させながら切るものが一般的だが、回転式・電動式などもある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

缶切り
かんきり

缶詰の蓋(ふた)を切り開く道具。缶切りは缶詰の発明に伴って生まれた。缶詰はフランスで発明され、わが国では1871年(明治4)に初めてイワシの油漬けが製造されている。缶切りは、最初は、金属の棒に刃がセットされた先が錐(きり)状のコンパス式であったが、現在では、てこ式と歯車式のものが多く使用されている。歯車式には固定刃付きのもの、回転刃付きのもの、特殊歯車式のもの(缶の巻締め部を側面から切っていくもの)のほか、レバーを押すだけの電動式のものなどがある。よい缶切りの条件は、(1)操作が簡単で、手早くきれいに切れる、(2)刃の形や角度などの構造が安全である、(3)切りくずが少ない、(4)手入れが楽でさびにくい、などである。なお、製品安全協会(「消費生活用製品安全法」に基づき、日常生活に使用される製品の安全性を確保するために設立された法人)の基準に合格したものには、対人賠償責任保険付きのSGマーク(Safety Goodsの略)がついているので、購入時の目安にするとよい。[正木英子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

缶切りの関連キーワード切り開く・切開く鏡を抜く缶切刺止める突上げ窓突具突殺す魚杈蓋を切る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

缶切りの関連情報