コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅什寺塔 らじゅうじとう

世界の観光地名がわかる事典の解説

らじゅうじとう【羅什寺塔】

中国の甘粛(かんしゅく)省武威市街の北大街にある、8角12層の中空の塔。武威古城の文明と歴史のシンボル的存在である。秦時代の高僧、鳩摩羅什(クマラジーヴァ)が武威に仏法を広め、経典を翻訳した功績を称えて建てられた。高さは32mで、細長い四角のレンガを積み上げて造られている。下から3層目、5層目、8層目には門がなく、塔の一番上には瓢箪(ひょうたん)形で銅製の宝瓶がついている。最上階には東西に小さな仏龕があり、中には純金製といわれる仏像が納められている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

羅什寺塔の関連キーワード鳩摩羅什武威

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android