コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅什寺塔 らじゅうじとう

1件 の用語解説(羅什寺塔の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

らじゅうじとう【羅什寺塔】

中国の甘粛(かんしゅく)省武威市街の北大街にある、8角12層の中空の塔。武威古城の文明と歴史のシンボル的存在である。秦時代の高僧、鳩摩羅什(クマラジーヴァ)が武威に仏法を広め、経典を翻訳した功績を称えて建てられた。高さは32mで、細長い四角のレンガを積み上げて造られている。下から3層目、5層目、8層目には門がなく、塔の一番上には瓢箪(ひょうたん)形で銅製の宝瓶がついている。最上階には東西に小さな仏龕があり、中には純金製といわれる仏像が納められている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone