コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓢箪 ヒョウタン

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐たん〔ヘウ‐〕【××箪】

ウリ科の蔓性(つるせい)の一年草。ユウガオ変種巻きひげで他に絡んで伸びる。葉は心臓形。夏の夕方、白い花を開く。果実は中間がくびれて上下がふくらんだ形をし、熟すと果皮が堅くなり、苦味が強い。アフリカ・熱帯アジアの原産 秋 花=夏》「―の大張り小張り赤児の声/草田男
熟したヒョウタンの果実の中味を取り除き、乾燥してつくった器。酒などを入れる。ひさご。ふくべ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

瓢箪 (ヒョウタン)

学名:Lagenaria siceraria var.gourda
植物。ウリ科のつる性一年草,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

瓢箪の関連キーワードカバサ/メタル・カバサ[cabasa / metal cabaza]アパラチアン・ダルシマー神奈川県海老名市国分南蝶花楼 馬楽(初代)瓢箪で鯰を押さえる富山県氷見市飯久保ミュージカル・ボウ天之久比奢母智神冗談から駒が出るスカモルツァ遊郭(廓)バラフォン西来居未仏鳥居清信神尾元勝村岡幸治鯰に瓢箪金瓢白駒シタールベンドレ

瓢箪の関連情報