コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅山元磨 らさん げんま

1件 の用語解説(羅山元磨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羅山元磨 らさん-げんま

1815-1867 江戸時代後期の僧。
文化12年生まれ。臨済(りんざい)宗。太元孜元(たいげん-しげん)に師事し,蘇山玄喬(そざん-げんきょう)の法をつぐ。筑後(ちくご)(福岡県)梅林寺をへて安政6年京都妙心寺住持となった。慶応3年2月16日死去。53歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

羅山元磨の関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇ルクセンブルク安藤野雁野村左兵衛ヘボン雑誌

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone