羅衣(読み)らい

精選版 日本国語大辞典「羅衣」の解説

ら‐い【羅衣】

〘名〙 うすもので仕立てた。うすぎぬの衣。
※文華秀麗集(818)中・奉和春閨怨〈巨勢識人〉「金繍衣尽啼湿、銀荘縷帯日痩緩」 〔後漢書‐辺譲伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「羅衣」の解説

【羅衣】らい

うすぎぬの衣。夏の衣。唐・杜甫〔黄草 秦中の驛息無し 蜀兵火、是非り 里の秋風、錦水を吹き 誰が家の別ぞ、羅衣を(うるほ)す

字通「羅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android