羇中(読み)きちゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ちゅう【羇中】

〘名〙 (和歌の題などでは、「忌中(きちゅう)」と同音なのを嫌って「きじゅう」と濁音に読まれる) 旅にある間。旅行中。旅中。
※和漢朗詠(1018頃)上「雲衣は范叔が羇中の贈、風櫓は潚湘の浪の上の舟〈具平親王〉」
金槐集(1213)旅「羇中夕露」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android