コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌中 きちゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忌中
きちゅう

親族などの死亡後,故人に哀悼の意を表わし,不浄を忌み慎む一定の期間をいう。仏教では 77日,尽7日,満陰ともいって,7日ごとに追善の供養を行い,特に 49日には盛大な仏事を行う。 49日目ないし 50日目になると,み明け,中陰明けといって,遺族は一応死の忌みからとかれて日常的な生活に復帰することができる。 (→忌服 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐ちゅう【忌中】

近親者のに服し、忌み慎んでいる期間。普通は死後49日間をいう。喪中

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きちゅう【忌中】

家族が死んだ時、家人が慎んでいる期間。特に、死者が宙をさまよっているといわれる、死後49日間。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忌中
きちゅう

死者の出た場合、その一家の者、身近の者は死者が安らかな往生を遂げられるよう、精進してもっぱら死者の供養に勤めるべきものであり、神祭りや祝い事その他世の常の煩わしい仕事にかかわることを慎しむべきものとされるが、その慎しみの期間が忌中である。その期間は49日間とされるが、そういう長期の慎みに耐えられず、だんだんと縮小され、35日、7日、3日と縮まり、ついには葬式の当日葬儀が終わると、関係者を招いて生臭物の供応をして、忌明けの儀礼を行うものも少なくない。忌中にはしばしば死者を葬った墓へ参り、また家の中で死者を祀(まつ)る荒棚に供養をする。よく各地で死者の霊は四十九日まで家の棟に留まっているといわれる。この忌明けのとき49の餅(もち)をつくり、寺へ持って行ったり、関係者一同で分けて食べたりする。それ以後死者の霊は寺へ行くとしている所もある。[最上孝敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

忌中の関連キーワード器・既・祈・亀・企・冀・几・危・喜・器・基・奇・姫・嬉・季・寄・岐・己・希・帰・幾・徽・忌・悸・愧・揮・旗・既・期・机・棄・棋・機・歸・毀・毅・気・氣・汽・畿・癸・祈・稀・窺・紀・綺・羈・肌・規・記・詭・貴・起・跪・軌・輝・飢・饑・騎・騏・驥・鬼・麾葬送儀礼のことば忌み島田・忌島田忌中/喪中愁へ・憂へ足入れ婚仏降ろし忌中島田島田崩し物忌み忌中札仕上げ断物鬼簾家人家族死者毛髪元日別鍋

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忌中の関連情報