コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌中 きちゅう

5件 の用語解説(忌中の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忌中
きちゅう

親族などの死亡後,故人に哀悼の意を表わし,不浄を忌み慎む一定の期間をいう。仏教では 77日,尽7日,満中陰ともいって,7日ごとに追善の供養を行い,特に 49日には盛大な仏事を行う。 49日目ないし 50日目になると,忌み明け,中陰明けといって,遺族は一応死の忌みからとかれて日常的な生活に復帰することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き‐ちゅう【忌中】

近親者の喪に服し、忌み慎んでいる期間。普通は死後49日間をいう。喪中。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典の解説

忌中

近親者が死亡した後、忌明けまで派手な交際などを避けて喪に服す一定期間。

出典|葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

大辞林 第三版の解説

きちゅう【忌中】

家族が死んだ時、家人が慎んでいる期間。特に、死者が宙をさまよっているといわれる、死後49日間。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忌中
きちゅう

死者の出た場合、その一家の者、身近の者は死者が安らかな往生を遂げられるよう、精進してもっぱら死者の供養に勤めるべきものであり、神祭りや祝い事その他世の常煩わしい仕事にかかわることを慎しむべきものとされるが、その慎しみの期間が忌中である。その期間は49日間とされるが、そういう長期の慎みに耐えられず、だんだんと縮小され、35日、7日、3日と縮まり、ついには葬式の当日葬儀が終わると、関係者を招いて生臭物の供応をして、忌明けの儀礼を行うものも少なくない。忌中にはしばしば死者を葬った墓へ参り、また家の中で死者を祀(まつ)る荒棚に供養をする。よく各地で死者の霊は四十九日まで家の棟に留まっているといわれる。この忌明けのとき49の餅(もち)をつくり、寺へ持って行ったり、関係者一同で分けて食べたりする。それ以後死者の霊は寺へ行くとしている所もある。[最上孝敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忌中の関連キーワード哀悼すがら弔意拈香文ファイン時つ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忌中の関連情報