コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊脂 ヨウシ

大辞林 第三版の解説

ようし【羊脂】

ひつじまたは山羊やぎの脂肉から採取した脂肪。石鹼せつけん製造に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の羊脂の言及

【タロー】より

…ウシまたはヒツジの脂肪組織からレンダリング法(加熱して脂肪を融出させること。普通は間接蒸気によるドライレンダリング法を用いる)によって製造した脂肪のことで,ウシからのものをビーフタローbeef tallow(牛脂),ヒツジからのものをマトンタローmutton tallow(羊脂)という。普通タローといえば牛脂をいう。…

※「羊脂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羊脂の関連キーワードリオガイェゴススタンリー動物油脂タローラードブタ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羊脂の関連情報