コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美人香草 びじんこうそうměi rén xiāng cǎo

世界大百科事典 第2版の解説

びじんこうそう【美人香草 měi rén xiāng cǎo】

中国の古代歌謡《楚辞》の修辞法。とくに離騒篇中に見える美人は主君を,香草は忠臣を比喩したものとされる。王逸は《楚辞章句》離騒篇の序において,善鳥香草は忠貞の臣を,悪禽臭物は讒侫(ざんねい)者を,霊修美人は主君を,神女たちは賢臣を,竜や鳳は君子を,風や雲は小人を比喩しているのだという。王逸のように機械的に割り当てると解釈を誤るところも出るが,これらの比喩体系は《楚辞》が成長してきた祭祀文芸にその根源をもつもので,その正確な把握は《楚辞》文学の理解のために不可欠である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android