コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美人香草 びじんこうそう měi rén xiāng cǎo

1件 の用語解説(美人香草の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

びじんこうそう【美人香草 měi rén xiāng cǎo】

中国の古代歌謡楚辞》の修辞法。とくに離騒篇中に見える美人は主君を,香草は忠臣を比喩したものとされる。王逸は《楚辞章句》離騒篇の序において,善鳥香草は忠貞の臣を,悪禽臭物は讒侫(ざんねい)者を,霊修美人は主君を,神女たちは賢臣を,竜や鳳は君子を,風や雲は小人を比喩しているのだという。王逸のように機械的に割り当てると解釈を誤るところも出るが,これらの比喩体系は《楚辞》が成長してきた祭祀文芸にその根源をもつもので,その正確な把握は《楚辞》文学の理解のために不可欠である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

美人香草の関連キーワード修辞学上代歌謡楚辞太一対句修辞法露けし疾くに諸挙げ土橋寛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone