賢臣(読み)けんしん

精選版 日本国語大辞典「賢臣」の解説

けん‐しん【賢臣】

〘名〙 賢明臣下。かしこい
※続日本紀‐神亀三年(726)七月戊子「賢臣守国、為朕股肱
※保元(1220頃か)上「手跡は一旦の興也。賢臣必ずしも是れを好むべからず」 〔戦国策‐楚策・威王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「賢臣」の解説

けん‐しん【賢臣】

賢明で有能な臣下。「良将賢臣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「賢臣」の解説

【賢臣】けんしん

賢良の臣。蜀・諸亮〔出師の表〕賢臣に親しみ、小人ざくるは、此れ先の興せし以なり。小人に親しみ、賢臣をざくるは、此れ後の傾(けいたい)せし以なり。

字通「賢」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android