美山湖(読み)みやまこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕美山湖(みやまこ)


青森県南西部、岩木(いわき)川上流部の目屋(めや)ダムによってできた人造湖。目屋ダムは、1960年(昭和35)完成の多目的ダムで、重力式コンクリートダム(堤高58m、堤長170m、面積2.1km2、総貯水容量3880.4万m3。洪水調節のほか発電・灌漑(かんがい)に利用される。下流に建設中の津軽(つがる)ダム(2016年完成予定)の完成後は水没する。湖畔(こはん)にキャンプ場がある。上流の暗門(あんもん)川流域とともに赤石渓流(あかいしけいりゅう)暗門の滝(たき)県立自然公園に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

美山湖

青森県中津軽郡西目屋村、岩木川水系岩木川の上流にあった多目的ダム、目屋ダムダム湖。“美山”は「みやま」と読む。湛水面積は205ヘクタール。同ダムの下流に新しく「津軽ダム」がつくられ、新しいダム湖「津軽白神湖」(湛水面積510ヘクタール)に吸収された。

美山湖

秋田県大仙市北部、雄物川水系淀川にある協和ダムのダム湖。“美山”は「みやま」と読む。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美山湖
みやまこ

青森県南西部、中津軽郡西目屋(にしめやむら)、岩木川上流にあった人造湖。岩木川総合開発の一環として建設された多目的の目屋ダム用の貯水池で、純貯水量は3900万立方メートル。目屋ダムは1960年(昭和35)完成の重力式コンクリートダム。2017年(平成29)目屋ダムの下流に接して建設された津軽ダムが竣工したため、目屋ダムは新しい人造湖津軽白神ダムの湖中となり、美山湖も消滅。津軽白神湖から上流の暗門川(あんもんがわ)には渓谷や暗門の滝があって、赤石(あかいし)渓流暗門の滝県立自然公園に指定されている。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の美山湖の言及

【西目屋[村]】より

…第2次大戦後再開発され,銅,亜鉛,鉛などの鉱山として活況を呈したが,1978年閉山した。1960年津軽平野の灌漑,洪水調節,発電を目的とした目屋ダムが完成して美山(みやま)湖が生まれ,中心集落の村市近くに岩木川第1発電所が建設された。岩木川上流は目屋渓谷と呼ばれる景勝地で,暗門ノ滝がある。…

※「美山湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android