コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美山湖 みやまこ

2件 の用語解説(美山湖の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕美山湖(みやまこ)


青森県南西部、岩木(いわき)川上流部の目屋(めや)ダムによってできた人造湖。目屋ダムは、1960年(昭和35)完成の多目的ダムで、重力式コンクリートダム(堤高58m、堤長170m、面積2.1km2、総貯水容量3880.4万m3。洪水調節のほか発電・灌漑(かんがい)に利用される。下流に建設中の津軽(つがる)ダム(2016年完成予定)の完成後は水没する。湖畔(こはん)にキャンプ場がある。上流の暗門(あんもん)川流域とともに赤石渓流(あかいしけいりゅう)暗門の滝(たき)県立自然公園に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美山湖
みやまこ

青森県南西部、中津軽郡西目屋(にしめや)村、岩木川上流にある人造湖。岩木川総合開発の一環として建設された多目的の目屋ダム用の貯水池で、純貯水量は3900万立方メートル。目屋ダムは1960年(昭和35)完成の重力式コンクリートダム。湖畔にはキャンプ場があり、湖から上流の暗門(あんもん)川には渓谷や暗門の滝があって、赤石(あかいし)渓流暗門の滝県立自然公園に指定されている。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の美山湖の言及

【西目屋[村]】より

…第2次大戦後再開発され,銅,亜鉛,鉛などの鉱山として活況を呈したが,1978年閉山した。1960年津軽平野の灌漑,洪水調節,発電を目的とした目屋ダムが完成して美山(みやま)湖が生まれ,中心集落の村市近くに岩木川第1発電所が建設された。岩木川上流は目屋渓谷と呼ばれる景勝地で,暗門ノ滝がある。…

※「美山湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

美山湖の関連キーワード岩木岩木川岩木山岳温泉石木・岩木弘前いわき暗門滝岩木[町]岩木正宗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美山湖の関連情報