コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美海(みみ)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美海 みかい

?-? 新羅(しらぎ)(朝鮮)の奈勿(なもち)王の第3王子。
三国遺事」によれば,倭王のもとめで人質として来日した。兄の訥祇(とつぎ)王(在位417-458)が即位すると弟の召還をもとめ,かわりに金堤上(きんていじょう)(毛麻利叱智(もまりしち))を派遣し,美海は30年ぶりに帰国した。味叱喜(みしき),未斯欣,微叱己知(智)とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例