コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美海(みみ)

デジタル大辞泉プラスの解説

美海(みみ)

長崎県佐世保市、西海国立公園九十九島動植物園森きらら(旧・佐世保市亜熱帯動植物園)で飼育されているニホンツキノワグマのメス。2011年、日本動物愛護協会創設の日本動物大賞「功労動物賞」を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美海 みかい

?-? 新羅(しらぎ)(朝鮮)の奈勿(なもち)王の第3王子。
三国遺事」によれば,倭王のもとめで人質として来日した。兄の訥祇(とつぎ)王(在位417-458)が即位すると弟の召還をもとめ,かわりに金堤上(きんていじょう)(毛麻利叱智(もまりしち))を派遣し,美海は30年ぶりに帰国した。味叱喜(みしき),未斯欣,微叱己知(智)とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

美海(みみ)の関連キーワード広島県江田島市能美町中町なんでやねん受験生フィリピン海盆広島県江田島市長崎県佐世保市能美〈町〉舞羽美海田中美海山下美海朴堤上喜界町新羅

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美海(みみ)の関連情報