コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛麻利叱智 もまりしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛麻利叱智 もまりしち

?-? 新羅(しらぎ)(朝鮮)の使者。
神功(じんぐう)皇后摂政5年(朝鮮史料では418年か425年),日本に人質となっていた新羅の王子微叱許智(みしこち)を帰国させるために来日。皇后をあざむき奪還したが,帰国の途中に露見し,葛城襲津彦(かずらきの-そつひこ)にやき殺された。朝鮮の史料では朴提上,金提上としている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

毛麻利叱智の関連キーワード使者美海

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android