コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃屋小四郎 みのや こしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美濃屋小四郎 みのや-こしろう

1550-1565 戦国時代の武士。
天文(てんぶん)19年生まれ。京都上京の美濃屋常哲の子。将軍足利義輝の弟,鹿苑(ろくおん)寺の周暠(しゅうこう)の若衆。永禄(えいろく)8年5月19日,松永久秀らにはかられて周暠が殺されたとき,刺客の平田和泉守の首をおとし,自らも討ち死に。ときに16歳。都で評判になった。名は亀之介とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

美濃屋小四郎の関連キーワード足利義輝慶寿院ローレオプリチニナ足利義輝キリシタン関係主要人名総合年表(アメリカ)島津以久フランシスコ・デ・ボルハイワン(4世)

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone