美濃縞(読み)ミノジマ

大辞林 第三版の解説

みのじま【美濃縞】

岐阜県羽島付近から産出する綿または絹綿交ぜ織りの縞織物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美濃縞
みのじま

岐阜県羽島(はしま)地方(美濃)で産する着尺地の縞綿織物。昔から農家の副業として木綿(もめん)が栽培され、いろいろの木綿織物があった。なかでも管大臣(かんだいじ)縞、美濃結城(ゆうき)、桟留(さんとめ)縞などを総称して美濃縞という。管大臣縞は京都の職人が美濃に移って始めたもの。美濃結城は栃木県の本場結城に対して名づけた、本絹紬(つむぎ)を模して綿糸・絹糸を交織したもの。桟留縞はインドのサントメから輸入された、経緯(たてよこ)に細番手の双子綿糸を使った綿織物である。[並木 覚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android