コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃縞 ミノジマ

大辞林 第三版の解説

みのじま【美濃縞】

岐阜県羽島付近から産出する綿または絹綿交ぜ織りの縞織物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美濃縞
みのじま

岐阜県羽島(はしま)地方(美濃)で産する着尺地の縞綿織物。昔から農家の副業として木綿(もめん)が栽培され、いろいろの木綿織物があった。なかでも管大臣(かんだいじ)縞、美濃結城(ゆうき)、桟留(さんとめ)縞などを総称して美濃縞という。管大臣縞は京都の職人が美濃に移って始めたもの。美濃結城は栃木県の本場結城に対して名づけた、本絹紬(つむぎ)を模して綿糸・絹糸を交織したもの。桟留縞はインドのサントメから輸入された、経緯(たてよこ)に細番手の双子綿糸を使った綿織物である。[並木 覚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

美濃縞の関連キーワード岐阜県羽島郡笠松町笠松(町)羽島[市]柳津[町]笠松[町]笠松町羽島市並木笠松

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android