羽島(読み)ハシマ

大辞林 第三版の解説

はしま【羽島】

岐阜県南西部、木曽川と長良川との間にある市。近世、市場町・機業町。近年、毛織物・紡績工場が集積。都市化が進む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はしま【羽島】

[一] 岐阜県南西部の地名。木曾川右岸の氾濫原にある。美濃縞の産地として知られた竹ケ鼻を中心に発展した毛織物を主とする機業都市。昭和二九年(一九五四)市制。
[二] 岐阜県の中南部の郡。木曾川・長良川の下流域にはさまれる。明治三〇年(一八九七)羽栗・中島の両郡が合併して成立。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽島の関連情報