義死(読み)ぎし

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎ‐し【義死】

〘名〙 義のために死ぬこと。正義のための死。節義に殉じること。
信長記(1622)六「父は主君の厚恩を送り、子は戦場にして義死(ギシ)を遂たりけり」
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉前「本邦の義死或は暗殺等の事あるを且非とし且つ怪みて曰く」 〔荀子‐不苟〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android