コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義民物 ぎみんもの

1件 の用語解説(義民物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎみんもの【義民物】

農民のために一命をなげうって,その困窮を救う義民主人公とする歌舞伎狂言の一系統。延宝・天和期(1673‐84)以来幕末にいたるまで,将軍家や大名諸侯に関して,出版物や演劇を通じて言及することは,法令によって厳禁されていた。義民物の劇化上演が,嘉永年間(1848‐54)にいたって可能となったのは,幕府の統制がゆるみ権威が失墜した一つのあらわれであった。1851年(嘉永4)8月江戸中村座初演の《東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)》(3世瀬川如皐作)は,それまでに流布されていた実録本《地蔵堂通夜物語》一立斎文車石川一夢らの講釈で演じられていた正保年中(1644‐48)に起きた佐倉領の強訴事件に取材し,大当りをとった作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

義民物の関連キーワード改作法全琫準棄捐国士捨身成道身魂命を投げ出す投打つ笠松佐太夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone