コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義民物 ぎみんもの

世界大百科事典 第2版の解説

ぎみんもの【義民物】

農民のために一命をなげうって,その困窮を救う義民主人公とする歌舞伎狂言の一系統。延宝・天和期(1673‐84)以来幕末にいたるまで,将軍家や大名諸侯に関して,出版物や演劇を通じて言及することは,法令によって厳禁されていた。義民物の劇化上演が,嘉永年間(1848‐54)にいたって可能となったのは,幕府の統制がゆるみ権威が失墜した一つのあらわれであった。1851年(嘉永4)8月江戸中村座初演の《東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)》(3世瀬川如皐作)は,それまでに流布されていた実録本《地蔵堂通夜物語》一立斎文車石川一夢らの講釈で演じられていた正保年中(1644‐48)に起きた佐倉領の強訴事件に取材し,大当りをとった作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報