コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義烈団 ぎれつだん

世界大百科事典 第2版の解説

ぎれつだん【義烈団】

三・一独立運動の非暴力路線にあきたらない金元鳳らが,朝鮮独立の精神を高揚する目的で1919年に組織した団体。同年11月10日満州吉林省で結成,当初の同志は13名。正義の義と猛烈の烈を団名にしたという。〈日本帝国主義の心臓部に弾丸を打ちこむ必殺主義〉を唱え,総督府幹部,日本軍首脳,親日分子を暗殺の対象にし,総督府,東洋拓殖株式会社,《毎日申報》,警察など植民地支配の機関を破壊の対象にした。〈駆逐倭奴,光復祖国,階級打破,平均地権〉を標榜し,民族主義左派の傾向が強かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

義烈団の関連キーワード朝鮮人虐殺事件朝鮮独立運動布施辰治李陸史申采浩

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android