コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽子 ハゴ

デジタル大辞泉の解説

は‐ご【羽子】

ムクロジの種に穴をあけ、色をつけた鳥のを4、5枚さしこんだもの。羽子板でついて遊ぶ。はね。つくばね。「―をつく」 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はご【羽子】

ムクロジの種に穴をあけ、鳥の小羽を三本から六本ほどさし込んだもの。羽子板でついて遊ぶ。はね。おいばね。はごのこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の羽子の言及

【羽子板】より

…正月の遊戯具,またそれを用いた遊び〈はねつき〉〈つくばね〉。室町時代の《看聞御記》の永享4年(1432)正月5日条に〈こぎの子〉勝負の記事があり,同6年の条に〈こぎ板〉の名がみえるのが古く,1444年(文安1)の《下学集》では〈羽子板〉と書いて〈はごいた〉〈こぎいた〉両様によませている。こぎ板には〈胡鬼板〉の字をあてることがある。…

※「羽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羽子の関連キーワード追い羽根・追い羽子・追羽根・追羽子所沢人形(羽子板)春日部押絵羽子板江戸押絵羽子板羽・羽根・翅見せ掛け大尽羽子板ボルト嵩から出るこそこそ宿伊東 深水山田音羽子羽子板金物ムクロジ羽子板星補強金物武者揃へ遣り羽子小姓立ちはねつき羽根突き

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽子の関連情報