無患子(読み)むくろじ

精選版 日本国語大辞典「無患子」の解説

むくろ‐じ【無患子】

〘名〙 ムクロジ科の落葉高木。本州の中部・南部、四国、九州の山地に生える。高さ一五メートル以上になる。葉は羽状複葉で四~八対の小葉からなり、各小葉は披針形で長さ七~一六センチメートル。初夏、淡緑色の小さな五弁花を円錐状につける。果実は約二センチメートルの扁球形で黄褐色に熟し、内部に黒い種子が一個ある。果皮にサポニンを含み、石鹸(せっけん)の代用にされた。種羽根つきの羽根の球に使う。和名は、古く、モクゲンジの漢名木欒子がこの木にあてられていたことによる。漢名、患子・木槵樹。つぶ。《季・秋》
※料理物語(1643)一七「餠米六分のうる米四分の粉を水にてやはらかにこね、むくろじほどに丸」
[補注]「和漢三才図会‐八三」には「木欒子(ムクロジ) 欒華 和名無久礼之 俗云無久呂之」ともあり、ムクロジと、モクゲンジの異名であるムクレニジを混同していることがわかる。

むくろん‐じ【無患子】

〘名〙 「むくろじ(無患子)」の変化した語。
※黄表紙・通風伊勢物語(1782)「近所の子供が五六人むくろんじを持ち」

むくろう‐じ【無患子】

〘名〙 「むくろじ(無患子)」の変化した語。〔日葡辞書(1603‐04)〕

むく【無患子】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無患子」の解説

むくろ‐じ【無子】

ムクロジ科の落葉高木。本州中部以西の山地に自生。高さ15メートル以上になる。葉は細長い小葉からなる羽状複葉。夏、雌花と雄花とが円錐状につく。実は球形で黄褐色に熟し、中の種子は黒色で堅く、羽根つきの羽根の玉に使う。果皮はサポニンを含み、泡立つので石鹸せっけんの代用とされた。むく。 秋》「雨の日の雨の―深大寺/麦人」

むく【無子】

ムクロジのこと。また、その実。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「無患子」の解説

無患子 (ムクロジ・ツブ;ツブジ;ムクジ;ムクロウジ;ムクロンジ)

学名Sapindus mukurossi
植物。ムクロジ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

無患子 (モクゲンジ)

学名:Koelreuteria paniculata
植物。ムクロジ科の落葉高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android