羽状脈(読み)ウジョウミャク

大辞林 第三版の解説

うじょうみゃく【羽状脈】

網状脈の一種。葉の中央の主脈から左右に支脈の出る様子が鳥の羽毛のつき方に似ているのでいう。クリ・サクラなどにみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うじょう‐みゃく ウジャウ‥【羽状脈】

〘名〙 植物の脈の一つ。一本の主脈の両側に枝状の側脈を出し、それがさらに細脈に分かれ、鳥の羽の形をしたもの。ケヤキ、栗、桜などにみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android