コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽状脈 ウジョウミャク

デジタル大辞泉の解説

うじょう‐みゃく〔ウジヤウ‐〕【羽状脈】

葉の葉脈で、主脈から左右側脈が出ているもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うじょうみゃく【羽状脈】

網状脈の一種。葉の中央の主脈から左右に支脈の出る様子が鳥の羽毛のつき方に似ているのでいう。クリ・サクラなどにみられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

羽状脈の関連キーワードネコノチチ(猫の乳)イブキジャコウソウストロファンツスヘテロセントロンヒメイワカガミアブラチャンヨコグラノキ双子葉植物ケヤキ網状脈支脈

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android