側脈(読み)そくみゃく(英語表記)lateral vein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「側脈」の解説

側脈
そくみゃく
lateral vein

網状の葉脈をもつ葉の中央 (主脈) から側方に出る葉脈。カエデやヤツデのような掌状脈では,放射状の太い葉脈から分れて出る脈をいう。一般に側脈からは,さらに細脈を生じる。側脈の分化様式は脈系の特徴になる。たとえばケヤキブナでは側脈は並行して交わらない開放脈をなし,ミソハギユーカリでは側脈の末端互いに接して閉鎖脈をなす。タバコでは側脈の末端が細くなって接合する中間型を示す。側脈の数は種によってだいたい一定で,左右1対の場合を三行脈 (クスノキ) ,多数の場合を羽状脈という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「側脈」の解説

そく‐みゃく【側脈】

〘名〙 植物の葉脈で、主脈から側方へ分岐した脈。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android