コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側脈 そくみゃくlateral vein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

側脈
そくみゃく
lateral vein

網状の葉脈をもつ葉の中央脈 (主脈) から側方に出る葉脈。カエデヤツデのような掌状脈では,放射状の太い葉脈から分れて出る脈をいう。一般に側脈からは,さらに細脈を生じる。側脈の分化の様式は脈系の特徴になる。たとえばケヤキ,ブナでは側脈は並行して交わらない開放脈をなし,ミソハギユーカリでは側脈の末端で互いに接して閉鎖脈をなす。タバコでは側脈の末端が細くなって接合する中間型を示す。側脈の数は種によってだいたい一定で,左右1対の場合を三行脈 (クスノキ) ,多数の場合を羽状脈という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そく‐みゃく【側脈】

主脈から分かれ出ている葉脈。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そくみゃく【側脈】

主脈から出て葉の縁ふちに向かう植物の葉脈。支脈。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

側脈の関連キーワードハマジンチョウ(浜沈丁)チドリノキ(千鳥の木)リュウビンタイモドキアズキナシ(小豆梨)ヤハズソウ(矢筈草)ストレプトカーパスイヌシデ(犬四手)クチナシ(梔子)オオバヤシャブシハルニレ(春楡)チョウノスケソウアラカシ(粗樫)ヒメヤシャブシミツデウラボシチチブミネバリムクノキ(椋)リュウビンタイトウネズミモチクラドフレビスインドジャボク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android