側脈(読み)そくみゃく(英語表記)lateral vein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「側脈」の解説

側脈
そくみゃく
lateral vein

網状の葉脈をもつ葉の中央 (主脈) から側方に出る葉脈。カエデやヤツデのような掌状脈では,放射状の太い葉脈から分れて出る脈をいう。一般に側脈からは,さらに細脈を生じる。側脈の分化様式は脈系の特徴になる。たとえばケヤキブナでは側脈は並行して交わらない開放脈をなし,ミソハギユーカリでは側脈の末端互いに接して閉鎖脈をなす。タバコでは側脈の末端が細くなって接合する中間型を示す。側脈の数は種によってだいたい一定で,左右1対の場合を三行脈 (クスノキ) ,多数の場合を羽状脈という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「側脈」の解説

そく‐みゃく【側脈】

〘名〙 植物の葉脈で、主脈から側方へ分岐した脈。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「側脈」の解説

そく‐みゃく【側脈】

主脈から分かれ出ている葉脈。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android