羽紅(読み)うこう

朝日日本歴史人物事典の解説

羽紅

生年:生没年不詳
江戸前・中期の俳人。野沢凡兆の妻で,名はとめ。元禄4(1691)年春に剃髪して,羽紅と号す。元禄2年,夫と共に『曠野』に初登場,同3,4年ごろは在京中の松尾芭蕉と親しく接する。蕉風俳書の亀鑑と目される『猿蓑』に13句を入集し,第7位の厚遇を得た。元禄3年9月の芭蕉書簡は,羽紅が芭蕉の衣料について心を配っていたことを伝える。同4年の芭蕉の『嵯峨日記』には,「今宵は羽紅夫婦をとゞめ」とあり,親炙の様子がわかる。凡兆が密貿易のため罪を得て以降,大坂に住す。少なくとも享保7(1722)年までは生存していた。<参考文献>川島つゆ『女流俳人』

(楠元六男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽紅の関連情報