コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽陽秋北水土録 うようしゅうほくすいどろく

1件 の用語解説(羽陽秋北水土録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うようしゅうほくすいどろく【羽陽秋北水土録】

出羽国平鹿郡浅舞村の玄福寺住職浄因が,多年の観察にもとづき秋田地方の自然風土と生活風俗を記録した全10巻の大著で,1787年(天明7)に脱稿した。一般には知られなかったが,仏教的世界観をもとに展開された経済論,農業論として特異な内容で,とくに気象の正常・異常の周期性の発見,それに適応したイネの品種の選び方などに,独自の合理性が示されている。【筑波 常治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

羽陽秋北水土録の関連キーワード浅草寺栄海福島俊翁河野太通羽州探題天の戸柴田伝之助樋渡ヨシ藤原利三郎朝乃舞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone