コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽陽秋北水土録 うようしゅうほくすいどろく

世界大百科事典 第2版の解説

うようしゅうほくすいどろく【羽陽秋北水土録】

出羽国平鹿郡浅舞村の玄福寺住職浄因が,多年の観察にもとづき秋田地方の自然風土と生活風俗を記録した全10巻の大著で,1787年(天明7)に脱稿した。一般には知られなかったが,仏教的世界観をもとに展開された経済論,農業論として特異な内容で,とくに気象の正常・異常の周期性の発見,それに適応したイネの品種の選び方などに,独自の合理性が示されている。【筑波 常治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報