羽鳥一紅(読み)はとり いっこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽鳥一紅 はとり-いっこう

1724-1795 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)9年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)高崎の絹問屋羽鳥勘右衛門(俳号麦舟)の妻。建部綾足(たけべ-あやたり)にまなぶ。句集「あやにしき」のほか,天明3年の浅間山噴火を記録した「文月浅間記(ふみづきあさまき)」がある。寛政7年8月23日死去。72歳。本姓は石井。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android